ポケットWiFiとは?利用するメリット・デメリットを徹底解説

「ポケットWi-Fiとは一体何なのだろう?」
「ポケットWiFiを利用するとどんなメリットがあるのだろう?」

「ポケットWiFi」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思いますが、ポケットWiFiの具体的な仕組みやどのようなメリット・デメリットがあるのかまでは知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そもそもポケットWiFiとは何のか?というポケットWiFiに関する基本的な情報から、メリット・デメリットについて解説します。

ポケットWiFiの利用を検討している方はぜひ参考にしていただければと思います。

それでは、まずはポケットWiFiとはどのようなサービスなのかをみていきましょう!

監修者

大山勝士

株式会社FREEDiVE (旧:株式会社surfave)の2人目の社員として入社。2020年9月にMUGEN WiFi運営責任者に就任。これまで端末検品やメール対応を担当しつつ、フロー作成の基盤をつくってきた。現在は、社内の人材育成や社内制度の整備に力を入れ、売上管理など事業全体の統括を担当している。

ポケットWiFiとは?

ポケットWiFiとは?

「ポケットWiFi」と聞くと、持ち運びができるWiFiルーターのようなイメージがありますが、実際どのようなサービスのことを指すのかご存知でしょうか?

「ポケットWiFi」とは、もともとワイモバイル(ソフトバンクグループ)が持つ「Pocket WiFi」を指していました。

小型で持ち運びできるWiFi端末で、総称として正式には「モバイルWiFiルーター」と呼ばれています。

その後、その他の携帯キャリアでも同じようなサービスが展開されて、別の企業が扱うモバイルWiFiルーターもまとめて「ポケットWiFi」と呼ばれるようになりました。

ポケットWiFiは、パソコンやスマホ、タブレットといったWiFi接続機能を持っている端末を繋げることで、室内外問わず電波が届くところであれば、インターネットを自由に利用できるサービスです。

外出先でパソコンやタブレットを使いたいと思った時にWiFi環境がなくて困ったという経験がある方も多いでしょう。

こんなときにもポケットWiFiを持ち運んでいれば、すぐにインターネットが利用できます。

それでは、ここからはポケットWiFiにはどのようなメリットがあるのかについて解説していきたいと思います。

メリット

メリット
ポケットWiFiには大きく分けて、主に以下の3つのメリットがあります。

  • 場所を選ばずインターネットが使える
  • 月額料金が安い
  • 工事などの手間がかからない

家やカフェに設備されている据え置き型のWiFiルーターとは違った魅力があるので、ぜひチェックしてみてください。

それでは、それぞれのメリットについて解説していきましょう。

場所を選ばずインターネットが利用できる

ポケットWiFiの1番のメリットは、「どこでもインターネットが利用できる」ということです。

電波が届く対応エリアであれば、どこでも快適なインターネット環境を手に入れることができます。

外出先でインターネットを使いたいという方にはぴったりのサービスです。

最近では、カフェなどの施設で無料のWiFiを使う方も増えてきていますが、一定時間を過ぎると毎回接続手続きをしなければいけなかったりセキュリティ面で不安があったりと何かとデメリットが多いのも事実です。

そんな時にポケットWiFiを利用することで、WiFi接続に悩むことなく、安心してインターネットを利用することができます。

また、ポケットWiFiの中には国内に限らず、海外旅行者を対象にしたポケットWiFiサービスも存在します。

滞在先の国でも通信量やWiFiを気にせずにインターネットが使えるのは、ポケットWiFiの大きなメリットと言えます。

月額料金が安い

外出先でも自由に使えるポケットWiFiですが、「契約すると結構お金がかかるのではないか」と不安に思う方もいるでしょう。

しかし、実はポケットWiFiは家で使うような固定回線よりも、費用を安く抑えて利用できるWiFiルーターなのです。

光回線の月額料金は4,000円前後する場合が多いですが、ポケットWiFiの場合3,000円前後から利用できるプランがあり、そこも大きなメリットとなります。

さらに、月額料金が安いポケットWiFiを利用することで、スマホ料金を安く抑えることも可能です。

例えば、スマホの料金プランを通信量が少なめの安いプランにして、外出する際はポケットWiFiを使うことによって、スマホ料金の総額が安くなる場合もあります。

実はポケットWiFiを契約した方が、今よりも通信費が安くかもしれないのです。

工事などの手間がかからない

固定回線の場合には、工事が必要なケースも多く、使用開始まで数週間程度かかるという場合もあります。

一方、ポケットWiFiであれば、契約後はWiFiの端末が届き次第、設定をするだけですぐにインターネットに接続することができます。

設置をするための作業や家の工事など、手間のかかる手続きなども一切ないため、すぐにインターネットを使いたいという方にはぴったりのサービスです。

サイズもスマホ1台分ほどの大きさしかないので、置いておく場所の心配もいりません。

工事や複雑な設定などもなく、すぐにどこでも使えるという点は、設置型のWiFiルーターにはない大きなメリットになります。

デメリット

デメリット
どこでも使えて、費用も比較的安く、工事など面倒なことも不要なポケットWiFiですが、利用するときに気をつけておくべきデメリットがあります。

主なデメリットは以下です。

  • データ通信制限がある
  • 複数端末の接続に向いていない

契約をする前には、事前にデメリットの確認もしておきましょう。

データ通信制限がある

ポケットWiFiは非常に便利なアイテムですが、持っていればインターネットを無限に使える訳ではありません。

一定期間に定められた以上のデータを利用すると、制限がかかり通信速度が遅くなる場合があるので、気をつけましょう。

データ通信制限が気になる場合には、「○日間で○GBまで」といった制限のないポケットWiFiを選ぶのがおすすめです。

当社のMUGEN WiFiでは、短期間での制限はなく、月間100GBまでお使いいただくことが可能です。

※一般的なご利用環境における十分なデーター容量を提供しておりますが、ネットワーク品質の維持と公平な電波利用の観点から、大容量の通信を行う利用者に対し通信の停止や速度低下措置を行わせていただきます。

複数端末の接続に向いていない

ポケットWiFiの見落としがちなデメリットが「複数端末の接続に向いていない」ことです。

ポケットWiFi1台に対して、スマホやタブレット、パソコンなど複数の端末を接続すると、WiFiの通信速度が低下してしまう可能性があります。

また、契約プランによって、同時接続できる台数が最初から決められている場合もあります。

ポケットWiFiを契約する場合には、事前に使う予定のある端末数分の接続が可能かを確認しておきましょう。

まとめ:ポケットWiFiを契約してどこでもインターネットを利用しよう!

まとめ:ポケットWiFiを契約してどこでもインターネットを利用しよう!

今回はポケットWiFiの基礎知識から、ポケットWiFiを利用するメリット・デメリットについて解説しました。

ポケットWiFiとは、「どこでも使える」「月額費用が安い」「工事などの手間が不要」の3つのメリットが詰まった非常に便利なアイテムです。

一方で、「データの通信制限」「複数端末の接続に向いていない」というデメリットがあることについても解説しました。

外出先でのインターネット利用が多い方や普段スマホのテザリングを使っている方は、ポケットWiFiを契約することで、今よりも快適なインターネット環境を手に入れることができたり、場合によっては通信費が安くなる可能性もあります。

ぜひこのページを参考にポケットWiFiの契約を前向きに検討してみてはいかがでしょうか?

ポケットWiFiは数十社がサービス提供をしており、各社によって月額料金、データ通信量、通信速度などに違いがあります。

当サイトでは、主要11社のポケットWiFiを徹底比較し、おすすめのポケットWiFiを紹介しています。

あなたにぴったりの1社を見つけていただくことができるので、ぜひこちらのページもご確認ください。