無制限に使えるポケットWiFiを徹底比較!おすすめ4社と選び方について解説

自宅で過ごす時間が増えた今、インターネットのデータ上限を気にせずに無制限で使えるポケットWiFiを求める方は多いかと思います。

ですが、残念なことに、2021年時点では無制限で使えるポケットWiFiは存在しません。

その代わりに、月間100GB200GBなどの大容量のポケットWiFiサービスを利用することで、上限をあまり気にせずにインターネットを楽しむことは可能です。

この記事では、月間100GB以上使えるおすすめの大容量ポケットWiFi情報や、自分に合ったポケットWiFiを選ぶためのポイントについてお伝えします。

多くのデータを使う可能性があるという方は、ぜひこの記事を参考にして、あなたに最適な大容量ポケットWiFiを選んでいただければと思います。

監修者

大山勝士

株式会社FREEDiVE (旧:株式会社surfave)の2人目の社員として入社。2020年9月にMUGEN WiFi運営責任者に就任。これまで端末検品やメール対応を担当しつつ、フロー作成の基盤をつくってきた。現在は、社内の人材育成や社内制度の整備に力を入れ、売上管理など事業全体の統括を担当している。

完全無制限のポケットWiFiは存在しない

完全無制限のポケットWiFiは存在しない

冒頭でもお伝えしたとおり、2021年時点において、完全無制限で使えるポケットWiFiサービスは存在しません。

過去には、完全無制限のポケットWiFiサービスが数多くありましたが、「とある理由」から無制限プランの新規受付は終了してしまいました。

完全無制限のポケットWiFiが存在しなくなった理由

完全無制限のポケットWiFiが存在しなくなった理由は、利用者増加による回線の圧迫が原因で、各事業者でサービスの安定供給が難しくなってしまったためです。

そのため、現在では各社無制限で使えるプランの新規受付を終了し、「1ヶ月○○GB」や「1日○GB」といったデータ上限のある料金プランへとシフトしていっています。

月間無制限で使える「WiMAX」にも制限がある

WiMAXは、月間のデータ容量こそ上限はありませんが、直近3日間で10〜15GBを超えると、一時的な速度制限が課されます。

データ容量 速度制限時 速度制限の時間
WiMAX2+ 直近3日間で10GB 概ね1Mbps 10GBを超過した日の翌日18時〜翌々日2時まで
WiMAX+5G 直近3日間で15GB 概ね1Mbps 15GBを超過した日の翌日18時〜翌々日2時まで

そのため、WiMAXで速度制限を気にすることなく利用できるのは、実質的に90GB(WiMAX2+)〜150GB(WiMAX+5G)程度ということになります。

さらに、直近3日間で10〜15GBを超えると、そのたびに速度制限が課されることになるので、通信量が多い方の場合には制限が課された状態が続いてしまう可能性もあります。

そこでおすすめなのが、直近数日間での速度制限がない「大容量のポケットWiFiサービス」です。

大容量!おすすめのポケットWiFi4選

大容量!おすすめのポケットWiFi4選

昨今では、1ヶ月で100GB以上もデータ通信ができるポケットWiFiサービスも登場しています。

また、「○日間○GB制限」などの制限がないサービスもあり、1日あたりのデータ通信量を気にすることなくインターネットが利用可能です。

とはいえ、同じ月間100GBのポケットWiFiでも、サービスによって月額料金や契約期間はさまざま。

そこで、本章では、当サイトでおすすめの「大容量のおすすめポケットWiFiサービス4選」をご紹介します。

ご紹介するポケットWiFiは、次の4サービスです。

サービス名 データ容量 月額料金 通信速度 契約期間 対応エリア
MUGEN WiFi 100GB 3,718円

※10,000円キャッシュバックあり

最大150Mbps 2年間

(自動更新なし)

※オプションで縛りなし可

クラウドSIM

(ドコモ・au・ソフトバンク)

AIR-WiFi 100GB 3,278円〜 最大150Mbps 1年間

※オプションで縛りなし可

クラウドSIM

(ドコモ・au・ソフトバンク)

Chat WiFi 50GB 4,048円 最大150Mbps なし ソフトバンク
200GB 4,928円 クラウドSIM

(ドコモ・au・ソフトバンク)

どこよりもWiFi 100GB 3,400円 最大150Mbps 2年間

(自動更新あり)

ドコモ

各サービスの特徴を解説していくので、大容量のポケットWiFiを選ぶ際の参考にしてみてください。

MUGEN WiFi

MUGEN WiFi
MUGEN WiFiは、月額3,718円から利用できるクラウドSIM対応サービスです。

MUGEN WiFiの特徴

  • 月間100GBまで使えるクラウドSIM対応サービス
  • 最低利用期間が2年間で、25ヶ月目以降なら違約金なしで解約できる
  • 「2年縛りなし」「低速補償」といった他にはないユニークなオプションが利用できる
  • ポケットWiFiサービスでは珍しい「10,000円」の現金キャッシュバック実施中

2年間の最低利用期間が設けられていますが、大手キャリアや他のポケットWiFiのように自動更新されることはないので、25ヶ月目以降であればいつ解約しても違約金はかかりません。

月額660円の「2年縛りなしプラン」オプションを付ければ、利用期間を気にすることなく気軽に利用することができます。

また、連続して5日間、通信速度が1Mbpsを下回った場合は、該当月の利用料金や違約金が全額返金された上で解約ができる「低速補償プラン」も提供しています。

さらに、最大10,000円の現金キャッシュバックも実施しています。

データ容量 100GB
月額料金 3,718円
初期費用 事務手数料3,300円

端末代金:0円

オプション 2年縛りなしプラン:660円

低速補償プラン:440円

Mugen補償オプション:550円

Mugen補償オプション+紛失α:660円

契約期間 2年間(自動更新なし)
違約金 1年未満:9,900円

1〜2年未満:5,500円

25ヶ月目以降:0円

端末 U3
通信速度 最大150Mbps
対応エリア クラウドSIM(ドコモ・au・ソフトバンク)

AiR-WiFi

AiR-WiFi
AIR-WiFiは、使える端末が異なる3種類の料金プランを提供しているクラウドSIM対応サービスです。

AIR-WiFiの特徴

  • 大容量のポケットWiFiの中で月額料金が最安値水準
  • 契約期間は1年間。オプションを付ければ縛りなしで利用可能
  • 30日間の無料お試しキャンペーン実施中 AIR-WiFiの最大の特徴は、数あるポケットWiFiの中でも月額料金が最安値水準であることです。

月間100GBまで使えて月額3,278円から利用可能なおすすめのポケットWiFiです。

13ヶ月ごとの更新月以外で解約をすると違約金が発生してしまいますが、月額330円の契約期間なしオプションを付ければ、違約金を支払うことなく解約も可能です。

仮に、契約期間なしオプションを付けても、月額3,608円でポケットWiFiが利用できます。

毎月の通信費を節約したい方におすすめのサービスなので、料金重視で選びたい場合にはAIR-WiFiを検討されてみてはいかがでしょうか。

プラン名 サクッとプラン らくらくプラン まるっとプラン
データ容量 100GB 100GB 100GB
月額料金 3,278円 3,377円 3,608円
初期費用 事務手数料:3,300円

端末代金:0円

オプション 契約期間なしオプション:330円

安心オプション:660円

契約期間 1年間
違約金 1年未満:7,700円

2年目以降:5,500円

13・26・39ヶ月目(更新月):0円

※以降13を足した月が更新月

端末 U2s U3 G4
通信速度 最大150Mbps 最大150Mbps 最大150Mbps
対応エリア クラウドSIM(ドコモ・au・ソフトバンク) クラウドSIM(ドコモ・au・ソフトバンク) クラウドSIM(ドコモ・au・ソフトバンク)

Chat WiFi

Chat WiFi
Chat WiFiは、最大200GBまで使える超大容量プランを提供しているポケットWiFiです。

Chat WiFiの特徴

  • 最大200GBまでの超大容量プランが利用可能
  • 契約期間や違約金の縛りが一切ない
  • オプションで故障・破損などの補償を追加できる

Chat WiFiは、最大200GBまで使える料金プランを4,928円で提供しています。

さらに、契約期間や違約金による縛りが一切ないので、大容量のポケットWiFiをストレスなく気軽に利用できる点が魅力的な特徴です。

セキュリティや補償オプションも充実しているので、万が一トラブルが発生したときでも安心感があります。

プラン名 50GBルータープラン 200GBルータープラン
データ容量 50GB 200GB
月額料金 4,048円 4,928円
初期費用 事務手数料:4,378円

端末代金:0円

オプション Chatセキュリティ:550円

Chat補償:550円

Chat補償(SIMだけ):330円

Chatバックアップ:550円

契約期間 なし
違約金 なし
端末 U2s、FS030W、607HW U2s
通信速度 最大150Mbps 最大150Mbps
対応エリア ソフトバンク クラウドSIM(ドコモ・au・ソフトバンク)

どこよりもWiFi

どこよりもWiFi

どこよりもWiFiは、ポケットWiFiでは珍しくドコモ回線をメインで利用できるポケットWiFiサービスです。

どこよりもWiFiの特徴

  • ドコモ回線を最大200GBまで利用可能
  • データ容量に応じて料金が変動する「従量課金制」の料金プランを採用
  • 月額料金がお得になる2年割プランがある

どこよりもWiFiは、「従量課金制」の料金プランを採用しています。

1ヶ月で使ったデータ容量に応じて月額料金が変動するので、無駄な費用を支払わずに済むことが特徴です。

一方、契約期間は2年間の自動更新で、MUGEN WiFiやAIR-WiFiのように契約期間の縛りがなくなるオプションなどは提供されていません。

元々の料金プランとして「契約期間なし」を選ぶこともできますが、その場合は利用料金が+500円となります。

プラン名 どこよりもピタッとプランスタンダード どこよりもピタッとプランプレミアム
データ容量 〜100GB 〜200GB
月額料金 〜5GB:900円

〜20GB:1,900円

〜50GB:2,900円

〜100GB:3,400円

〜5GB:900円

〜20GB:1,900円

〜50GB:2,900円

〜100GB:3,400円

〜150GB:3,900円

〜200GB:4,400円

初期費用 事務手数料:3,300円

端末代金:0円

オプション 機器補償サービス:440円
契約期間 2年間(自動更新あり)
違約金 10,450円
端末 JT101
通信速度 最大150Mbps
対応エリア ドコモ

比較の際の4つのポイント

比較の際の4つのポイント
ここまで、当サイトでおすすめの大容量のポケットWiFiについてご紹介してきました。

ここでは、無制限のポケットWiFiを比較する際に重要な4つのポイントについて解説していきます。

ポケットWiFiを比較する際の4つのポイント

  • ポイント1.月額料金
  • ポイント2.通信速度
  • ポイント3.契約期間
  • ポイント4.対応エリア

ポケットWiFiを比較する際の参考になれば幸いです。

月額料金

ポケットWiFiを選ぶ際、最も重要となるのが「月額料金」です。

月間のデータ容量が同じでも、サービスによっては月額料金が1,000円以上異なる場合もあります。

1ヶ月あたりの差額は少なくても、1年間使うことを想定すると、その差額は数千円から1万円程度にまで膨らんでしまうので、なるべく利用料金が安いサービスを選ぶのが鉄則といえます。

通信速度

ポケットWiFiを利用する際、「通信速度」は誰もが気になるところですよね。

クラウドSIM対応のモバイルルーターは、下り(ダウンロード)が最大150Mbps、上り(アップロード)が最大50Mbpsであることが一般的ですが、これらはあくまで端末のスペックとしての最大値です。

サービスを比較する際に参考にすべきは、実際にインターネットを利用する際の「実測値」で、実測値を調べるには以下の方法が挙げられます。

ポケットWiFiの実測値を調べる方法

  • Twitterなどの口コミや評判
  • 「みんそく(みんなのネット回線速度)」などの投稿サイト

実測値を調べてみて、想定している速度を大幅に劣っている場合は避けておいたほうが無難と言えるので、ぜひ覚えておいてください。

契約期間

ポケットWiFiを選ぶ時は、契約期間についても確認しておきましょう。

ポケットWiFi業界はサービスの移り変わりが非常に早く、1年単位で新しいサービスがどんどんと登場しています。

たとえば、2019年頃に登場したクラウドSIMは半年から1年程度で普及し、今では数多くの事業者がクラウドSIM対応ルーターを販売しています。

また、2020年3月頃からは大手キャリアで次世代の移動通信システム「5G」のサービスがリリースされ、それに伴いWiMAXでも5Gが使えるようになっています。

そうした中で契約期間の縛りが厳しいサービスを選んでしまうと、魅力的なサービスが登場しても気軽に乗り換えることができません。

場合によっては数万円以上となる違約金を支払わないと解約できないケースも起こり得るので、契約期間や違約金、万が一の時の端末弁済金についても確認しておくようにしましょう。

対応エリア

最後に、ポケットWiFiの対応エリアについても確認しましょう。

ポケットWiFiの対応エリアは、大きく分けると次のとおりに分けられます。

ポケットWiFiの対応エリア

  • WiMAX2+回線:WiMAX2+エリア
  • ソフトバンク回線:ソフトバンク 4G LTEエリア
  • クラウドSIM:大手キャリアのLTEエリア

WiMAX2+回線は、LTEに比べてサービスエリアがやや狭めで、地方や山間部では圏外となってしまう場合があります。

一方、LTE回線は、各キャリアが日本全国に基地局を設置していることから、幅広いエリアで快適にインターネットが利用できます。

ただし、各キャリアで微妙にサービスエリアが異なっているケースがあるので、「自分の行動範囲が対応エリアに入っているかどうか」を確認してから申し込むようにするのが重要です。

無制限のポケットWiFiに関するよくあるQ&A

無制限のポケットWiFiに関するよくあるQ&A
最後に、無制限のポケットWiFiで聞かれることが多い「よくある質問」をまとめました。

無制限で使えるポケットWiFiはある?

完全無制限のポケットWiFiは、2021年時点では存在しません。

月のデータ容量が無制限としているサービスの場合であっても、直近3日間10GB制限などがあるため、実際には月間で90GB程度しか利用できないのが現状です。

無制限で使えるポケットWiFiが欲しい方は、月間のデータ容量が100GB以上のサービスを選ぶのがおすすめです。

データ容量が大きいポケットWiFiはどれがおすすめ?

データ容量が大きいポケットWiFiでは、次の4つのサービスがおすすめです。

  • MUGEN WiFi
  • AIR-WiFi
  • Chat WiFi
  • どこよりもWiFi

これらは月間データ容量が100GB以上で、なおかつ月額料金が安いサービスです。
ポケットWiFi選びで迷った時は、ぜひこれらの中から選んでみてください。

ポケットWiFiの選び方は?

次の4つのポイントを重視して選ぶのがおすすめです。

  1. 月額料金
  2. 通信速度
  3. 契約期間
  4. 対応エリア

ポケットWiFiは、月間のデータ容量が同じでも、サービスによって月額料金が大きく異なります。

年間で数千円から1万円程度の差額になることもあるので、月額料金は特に意識して選ぶようにしてみてください。

申し込みをしてからどのくらいで届く?

サービスにより条件は異なりますが、最短翌日に届きます。

解約はいつでもできる?

Webサイトや公式サイトからいつでも解約可能です。

ただし、サービスによっては最低利用期間や違約金が設けられているケースもあります。

解約手続きを行う際は、解約費用がどれくらいかかるのかを調べてから手続きを行うようにしてください。

法人用のプランはある?

サービスによって異なります。

法人契約をする際は、まずは一度、公式サイトから問い合わせをしてみることをおすすめします。

まとめ

無制限に使えるポケットWiFiまとめ

本記事では、無制限で使えるポケットWiFiについてご紹介してきました。

改めてになりますが、2021年現在、無制限で使えるポケットWiFiを提供しているサービスは存在しません。

そのため、インターネットの利用制限を気にされる場合には、何よりもポケットWiFiの月間データ容量で比較して選ぶのがおすすめです。

本記事でご紹介したMUGEN WiFiAIR-WiFiChat WiFiどこよりもWiFiの4つのサービスは、いずれも月間100GB以上のデータ通信が利用できて、月額料金が安いサービスばかりです。

無制限で使えるポケットWiFiをお探しの方は、本記事を参考にして、大容量で使えるポケットWiFiを検討されてみてはいかがでしょうか。