wifiおすすめ比較

ポケットWiFiのレンタルはここがおすすめ!2022年8月の比較情報

いつでもどこでも持ち運べて、好きなときに使える「ポケットWiFi」。

リモートワークへの移行などを機に、ポケットWiFiのレンタルを検討されている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、各社の特徴を比較しながらおすすめのレンタルポケットWiFiを紹介するとともに、レンタルのメリットとデメリット・注意点について解説します。

ぜひ、この記事を参考にして、あなたに最適なレンタルポケットWiFiを選んでいただければと思います。

監修者

大山勝士

株式会社FREEDiVE (旧:株式会社surfave)の2人目の社員として入社。2020年9月にMUGEN WiFi運営責任者に就任。これまで端末検品やメール対応を担当しつつ、フロー作成の基盤をつくってきた。現在は、社内の人材育成や社内制度の整備に力を入れ、売上管理など事業全体の統括を担当している。

短期でレンタルする場合のおすすめポケットWiFi

短期レンタルの場合のおすすめポケットWiFi

ポケットWiFiをレンタルするなら、より安い料金で、快適なインターネットサービスを使いたいですよね。

同じレンタルであっても、「どの程度の期間」レンタルするかによって、最適なポケットWiFiは変わります。

まずは、数日単位の短期でレンタルしたい方におすすめの3社をご紹介します。

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむ

初期費用無料
料金プラン短期1日から495円~

1か月3,960円~

データ容量5GB~無制限

※無制限は1日3GB、月間90GB制限あり

使用回線au、ソフトバンク、WiMAX2+
海外での利用可能
送料1台につき550円

※返却時は517円

Wi-Fiレンタルからモバイル回線の取次ぎを中心に、事業を展開する株式会社ビジョンが運営するレンタルサービスです。

au、ソフトバンク、UQ端末が用意されており、特にソフトバンク端末を豊富に取り揃えています

国内最速クラスの1.2Gbpsや5Gに対応した最新ルーターをレンタルできます。

料金プランは短期1日から利用でき、利用期間の延長も違約金などは一切かからず、手続きなしで自動延長が可能です。

15日以上のレンタルで1日あたりの利用料金が割安になり、1か月プランは1日あたり127円からのリーズナブルな価格で使えます。

自宅や職場、ホテル、空港、コンビニと受け取り先の指定場所も広く、国内と海外両方で使えるルーターも用意されています。

旅行や帰省、海外への旅行の際に最適なレンタルサービスです。

注意点として、無制限プランはデータ通信量が1日3GBまでと決められており、さらに1か月の総量が90GB以上を超えると速度制限がかかる場合があるので、気をつけましょう。

WiFiレンタル屋さん

WiFiレンタル屋さん

初期費用無料
料金プラン短期1日から390円~

1か月4,900円~

データ容量10GB~100GB
使用回線ソフトバンク、WiMAX2+
海外での利用不可
送料契約・返却込みで一律1,100円

WiFiレンタル屋さんは業界最安値クラスのレンタルポケットWiFiサービスです。

料金は1日390円から利用でき、費用もレンタル料金と送料以外に基本発生しません。

送料は契約時と返却時込みで一律1,100円となっており、場所を問わずシンプルでわかりやすい料金設定が特徴的です。

受け取り先は自宅やホテル、コンビニ、空港などを指定でき、店頭受け取りなら現金支払いも可能です。

最大100GBの大容量ルーターが選べるラインナップもあります。

海外での使用には対応していませんが、国内の旅行や出張などの合間に安く手軽なWiFiレンタルを考えている方におすすめです。

WiFiレンタルJapan

WiFiレンタルJapan

初期費用無料
料金プラン・短期1日から480円~

・1か月3,990円~

データ容量・5GB~無制限
※無制限はauのWiMAX2+接続時のみ
使用回線docomo、au、ソフトバンク、WiMAX2+
海外での利用不可
送料・990円(3台以上は倍額)
※関東以外は1,100円

WiFiレンタルJAPANは、国内スマホ3大キャリアの回線を網羅しているレンタル会社です。

申し込みは平日含む土日祝日は15時までなら、即日発送で最短翌日に端末が届きます。

インターネット申し込みに対応しており、365日24時間いつでも好きなときにサービスを利用できます。

自宅や職場、ホテル、空港、コンビニ受け取りにも対応。

レンタル延長にも可能ですが、注意点として最低8日以上の期間延長が必要となります。

また、docomoのルーターの利用は31日が最長となり、レンタルの延長ができないので利用する際には覚えておきましょう。

1ヶ月単位なら契約期間の縛りがないポケットWiFiがおすすめ

続いて、1ヶ月以上のレンタルを検討されている方におすすめのポケットWiFiサービスをご紹介します。

結論からお伝えすると、1ヶ月以上ポケットWiFiをレンタルするのであれば、「契約期間の縛りがない」ポケットWifiがおすすめです。

ここでは契約期間の縛りがない、1ヶ月以上のレンタル利用に最適なポケットWiFi3社をご紹介します。

MUGEN WiFi

Mugen WiFi

初期費用3,300円
料金プラン・2年契約3,718円~

・2年間縛りなしプランは660円のオプション

解約違約金・30日間お試し期間中は違約金無料

・1年目未満は9,900円

・1~2年目未満は5,500円

・3年目以降は解約違約金無料

データ容量100GB
使用回線docomo、au、ソフトバンク
海外での利用
送料無料

とにかく安く長く使いたい人向けの格安プランと、翻訳機能付きで海外で快適に使いたい人向けのアドバンスプランの2種類を用意しているレンタルサービスです。

月額660円の「2年間縛りなしプラン」のオプションをつけることで、契約期間の縛りをなくすことができます。

Mugen WiFiはU3という独自の端末を提供しており、3大キャリアの回線を使用しています。

ポケットWiFiにありがちなデータ通信の3日縛りがなく、月間100GBの範囲ならいつでも好きなだけネットを楽しめます。

Mugen WiFiは国内外どちらにも対応しており、国内からそのまま海外に持ち込んで使うことが可能です。

また、10,000円の高額キャッシュバックや30日間お試しキャンペーン、送料全額返金保証などオプションも充実しており、短期でのお試し利用や長期利用など、幅広い用途で使える便利なサービスが特徴的です。

長期的にポケットWiFiを利用する予定があり、毎月50GB以上の大容量を使用するヘビーユーザーにおすすめです。

縛りなしWiFi

縛りなしWiFi

初期費用3,300円
料金プラン2,926円~
解約違約金・縛りなしプランは無料

・1年縛っちゃうプランは5,500円

・3年縛っちゃうプランは以下
12か月未満で33,000円
12~35か月で27,500円
36か月以降は10,450円

データ容量・40~100GB

・WiMAXプランは100GBのみ

使用回線ソフトバンク、WiMAX2+
海外での利用不可
送料・解約時の送料のみ
※送料は配送業者による

縛りなしWiFiにはその名の通り契約期間のない縛りなしプランと、1年契約と3年契約の縛っちゃうプランの2種類が用意されています。

使用回線はソフトバンクとWiMAX2+がプランで選ぶことができ、ソフトバンクはデータ容量が40GB60GB100GBから、WiMAX2+は100GBのみとなっています。

クレジットカード払いのみの会社が多いなかで、支払方法が多いのが縛りなしWiFiの特徴のひとつです。

支払い方法はクレジット、口座振替、請求書の3つから選べるので、クレジットカードを持たない方も利用できるのがポイントです。

ゼウスWiFi

ゼウスWiFi

初期費用3,300円
料金プラン2,178円~
解約違約金・フリープランは無料

・スタンダードプランは2年目まで9,500円
※3年目以降は無料

データ容量20~100GB
使用回線docomo、au、ソフトバンク
海外での利用
送料・解約時の送料のみ
※送料は配送業者による

ゼウスWiFiは20GB以下の容量で十分な方にぴったりのポケットWiFiです。

国内向けの料金プランには、2年契約のスタンダードプランと契約期間中の違約金なしのフリープランの2種類があります。

容量は20GB40GB100GBの3つがあるので、使い方にあわせたプランを選べます。

ゼウスWiFiでは各エリアに対応したSIMをサーバーに用意し、エリアごとに自動接続を行なうクラウドSIMを採用しています。

SIMの付け替え不要でdocomo、au、ソフトバンクの3つのなかから、一番つながりやすい最適な回線を自動で選んでくれます。

海外データプランは使える国と地域にあわせ、7大陸106か国に対応した料金プランが用意されています。

海外用に1日、1週間、1か月とそれぞれ3つの料金プランから選べます。

また、海外には政府によって規制され、本来はネット接続ができない地域があります。

そういったネットが遮断されている地域向けに、VPNプランも用意されているので安心して利用できます。

レンタルのメリット

レンタルのメリット

ポケットWiFiのレンタルを検討されている方の中には、通常の契約とどちらにしようか迷われている方もいらっしゃるかと思います。

ここではポケットWiFiをレンタルすることのメリットについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

ポケットWiFiをレンタルすることのメリットは主に以下の2点です。

  1. 安い費用で使いたいときにだけ使える
  2. セキュリティ面で安全・安心

安い費用で使いたいときにだけ使える

レンタルの最大のメリットは、ポケットWiFiを使いたいときにだけ少額の費用で使えるということです。

例えば旅行や出張、入院などでインターネットを使いたいときこそレンタルが便利です。

通常の回線契約や購入手続きの手間を省き、申し込みだけで指定の住所に端末がすぐに届きます。

海外で使う場合でもわざわざSIMを購入する必要がなく、そのまま通常通り使えるのもポイントです。

高額な端末費用や長期利用必須の解約金を気にすることなく利用できるのが、レンタルならではのメリットといえるでしょう。

セキュリティ面で安全・安心

街中には無料で使えるフリーWiFiが設置されているので、わざわざポケットWiFiをレンタルする必要はないと考えていないでしょうか?

不特定多数が使うフリーWiFiには悪意を持った人物が利用していないとは断言できず、最悪の場合は個人情報を盗まれたりウイルス感染したりする危険性が潜んでいます。

特に提供元不明のフリーWiFiを安易に使うのは避けた方が望ましいです。

その点、レンタルWiFiは提供会社の強固なセキュリティで保護されており、情報漏洩やウイルスからあなたの端末を守ってくれます。

また、フリーWiFiが見つからない地域であっても、ポケットWiFiがあればその場で使えます。

デメリットと注意点

デメリットと注意点

続いて、ポケットWiFiをレンタルする際のデメリットや注意点についてもチェックしていきましょう。

ポケットWiFiをレンタルする際のデメリットは主に以下の2点です。

  1. 契約期間によっては割高になる場合がある
  2. 必ずしも希望の端末を使えるとは限らない

それぞれのデメリット・注意点について解説します。

契約期間によっては割高になる場合がある

1日単位やあらかじめ決められた期間なら安いレンタルですが、長期になるほど割高になりやすい傾向にあります。

例えば、一般的な回線契約は定額プランで期間中の料金は決められていますが、レンタルの場合だと延長料金による日割りが加算されて月額料金が高額になりやすいのです。

安いからといって中途半端に使い続けていると、同じ期間なのにレンタルのほうが高くついてしまったなんてことも珍しくありません。

レンタルを利用する際には、利用期間を計算して期間に応じたプランを選ぶようにしましょう。

必ずしも希望の端末を使えるとは限らない

レンタルサービスは利用者も多いため、希望した端末が在庫切れになってしまうケースがあります。

特に人気の高い会社や最新機種の場合は利用者も多くなり、必ずしも自分が希望する端末が使えるとは限りません。

また、提供会社によっては機種を選べない場合があるため、使いたい機種が決まっている場合はレンタル利用前に在庫の問い合わせをしておくとよいでしょう。

ポケットWiFiのレンタル手順

ポケットWiFiのレンタル手順
ここでは、ポケットWiFiのレンタルサービスを利用する際の具体的な手順について解説します。

基本的なレンタルの流れは以下の3ステップです。

  1. レンタル会社を選んで申し込み
  2. 端末を受け取って利用開始
  3. ポケットWiFiの利用~契約満了・解約~返却

それぞれの手順を詳しくチェックしていきましょう。

Webサイトから申し込み

レンタルを利用する会社を決めたら、Webサイトから申し込みを行ないます。

一般的に申し込みの際には、料金プラン、利用する端末(選択が必要な場合)、本人確認、支払い方法、受け取り先の住所などの情報を入力します。

ポケットWiFiは支払いがクレジットカードのみの会社が多いため、支払い方法は事前に確認しておきましょう。

端末の受け取り

申し込みの際に、端末の受け取り先を決めておきます。

自宅以外に端末の配送を希望する場合には、住所を間違えないようにしましょう。

最短翌日に指定場所に端末が届くので、あとは電源を入れれば利用が開始できます。

契約期間満了時に返却

契約満了時や解約する場合には端末と付属品を返却します。

返却する際には配送されてきた端末本体と付属品に破損や欠品がないよう、大切に保管して返却しましょう。

もしも破損や紛失があった場合、追加の支払いを請求される場合もあります。

レンタルの場合は返却時の配送料が自己負担となるケースが多いので、利用料金の精算時には配送料も計算しておきましょう。

返却の際に本体や付属品を入れる箱は、送られてきた当時の箱をそのまま使えるように大切に保管しておくのがおすすめです。

よくあるQ&A

よくあるご質問
レンタルポケットWiFiでよくあるQ&Aについてまとめました。

レンタルする場合のおすすめポケットWiFiはどれ?

数日単位でのレンタルの場合には、レンタルを専門としている以下の3社がおすすめです。

  • WiFiレンタルどっとこむ
  • WiFiレンタル屋さん
  • WiFiレンタルJAPAN

1ヶ月以上のレンタルを検討する場合には、契約期間の縛りがない以下のポケットWiFiがおすすめです。

  • Mugen WiFi
  • ゼウスWiFi
  • 縛りなしWiFi

即日にレンタルはできる?

即日レンタルは会社によっては可能ですが、申し込みをしたタイミングによって翌日以降になってしまうケースがあります。

天候や配送場所、端末の在庫の関係などもあるため、基本的には最短翌日程度に考えておいたほうがいいでしょう。

今回紹介したおすすめのポケットWiFiは基本的に最短翌日ですが、店舗を構えているレンタル会社は直接足を運べば即日レンタルも可能です。

受け取り場所はどこ?

基本的に住所が明確であれば、受け取り場所はどこでも可能です。

公式で受け取り場所の一例を紹介しているWiFiレンタルどっとこむなどは、病院や空港、コンビニなどさまざまな場所での受け取りができます。

「配送場所の住所指定」とだけ説明されている場合は、基本的に住宅であれば配送はどこでも可能ですが、施設や店頭などを指定する場合は対応していない可能性があります。

公式サイトで明記されていない場合、自宅以外への配送は事前に問合せしておくべきでしょう。

無制限のポケットWiFiの短期レンタルはできる?

2021年現在、無制限のポケットWiFiは存在しません。
そのため、データ通信量が多くなる可能性がある場合には、利用容量の多いポケットWiFiをレンタルするのがおすすめです。

まとめ

ポケットWiFiのレンタルまとめ

今回はポケットWiFiをレンタルする際のおすすめサービスの紹介から、レンタルをする際のメリット・デメリットについて解説しました。

短期的にポケットWiFiを使いたいという場合には、借りたい期間だけピンポイントで借りることのできるレンタルサービスは非常に便利です。

一方で、使用期間によっては割高になってしまう可能性がある点には気をつけましょう。

1ヶ月以上の利用の場合には、レンタルサービスではなく、契約期間の縛りがないポケットWiFiを契約する方が安くなる場合がほとんどです。

ぜひ、今回の記事を参考にして、あなたにとって最適なレンタルポケットWiFiを選んでいただければと思います。