”ギガ難民を避けるため..” 低速化リスクが上がるご利用方法のご紹介

未分類

はじめに

新型コロナウィルス(COVID-19)がまん延する中、
リモートワークを始めとする世界中のインターネットデーター回線は毎月増えつづけています。

またインターネットデーター回線について、
様々な情報があふれている中、
Mugen WiFiでも何かお客様に役立つ情報を発信したいと思いがありました。

そこでMugen WiFiだけでなく、正しい回線についての知識を知っていただきたい思いから、
今回コラムを書かせていただきました。

※都度更新されることございますが、ご了承くださいませ。

そもそもデーター量とは       

Wi-Fiのデータ量とは、インターネット上の使用制限のことで
万が一Wi-Fiのデータ量(ギガ数)を超えてしまいますと速度制限になる可能性がございます。

例えば、Mugen WiFiの「格安プラン」では現在月間データ量が100GBになっております。

月間で100GBをご利用いたしますと速度制限になる可能性がございます。

月間100GBなどのデータ量を制限することで、回線トラフィックを安全にコントロールし、
公平に回線をお客様に届けております。

これからご契約をするなら、月間もしくは1日単位でWi-Fiのデータ量の契約になっているのか
ご確認することをおすすめします。

どの程度の回線速度が適正なの?

快適にご利用いただくためには、以下の回線速度が必要になります。

利用目的快適にご利用できる回線速度の目安
メール・LINE1Mbps
ビデオ通話・YouTube(標準画質)3Mbps
データファイルの共有 ・YouTube(高画質) 10Mbps
オンラインゲーム20Mbps

今すぐ回線速度が知りたい方は、こちらのページよりご確認できます。

上記の内容はざっくりした目安になっています。
しかし地域や使用する時間などによって回線の速度は大きく異なります。

ですので、ご注文を検討されるお客様は、
Mugen WiFiの30日全額返金保証で一度おためしする事をおすすめします。

WiMAXは無制限なのか?

WiMAXのプランは無制限での契約はございますが、
条件によっては通信制限がかかってしまいます。

それは3日で10GB以上をご使用になりますと、
一時的に回線速度が低下する可能性があります。

しかしMugen WiFiの格安プランは月間100GBの通信が可能となっております。

例えばお客様の中では平日はお仕事で、休みの日に端末の回線をご利用いただきたい方などは
月間100GBの容量の中でいつでも自由にご利用いただきます。
お客様のライフスタイルに合わせたご使用ができる端末になっております。

※Mugen WiFiの格安プランの最新端末U3のスペックはこちらからご確認できます。

VOD動画のTVでのご視聴

通常動画のご視聴をスマートフォンで行う場合、
1時間高画質の動画提供の場合、おおよそ2〜5GB程度の利用となりますが
TVでのご視聴の場合大量のデータを消費するため、
同等のコンテンツであっても10GBのデータを利用することがございます。

回線をご利用いただく場合は、ギガ数をご確認していただきながら、
ご利用していただくことをおすすめします。

※ギガ数をご確認したい方はこちらからご確認できます。

大量のデータDL      

動画や大容量データーのダウンロードが時間がかかるので、
夜中の寝る前などに行っていませんか?

動画のダウンロードで1GBのデーターをダウンロードする場合でも
回線の状況や環境などによって
1GB以上のデーター利用量が発生してしまいます。

あくまで、ポケットWiFiはスマホやPCの持ち運び時のご利用を推奨しております。

常時のオンラインMTG接続

ZoomやGoogle hangout、skype、bellfaceなど
リモートミーティングが当たり前に変わってきた令和の時代。

当然長いミーティングやオンライン接続の時間は増えて行きます。

その中でも、動画のデーター取得は非常に多くのトラフィックを利用します。

ギガ数を節約できる方法として

  • リモートミーティングの際は、カメラをオフにする。
  • 1日の利用の中で時間を決めて、端末の回線をご利用する。
  • 動画などを視聴した際は、動画をつけっぱなしにしない。

など普段から回線のご利用状況をご確認いただくことをおすすめします。

複数デバイスでの利用

複数人数の場合、回線のトラフィック数が上がりやすくなります。

また、同一回線を利用することにより
わかりやすく車の交通状況で例えるならば、
1ユーザーで利用する場合、渋滞もなくスラスラと道路を通過できます。

4,5ユーザーの接続は可能ですが、
このような利用のしかたをすると車の渋滞のような状況となってしまいます。

なるべく1回線につき1デバイスを心がけましょう。

常時、SNSやメール、ブラウザを多数稼働している

SNSやブラウザはリアルタイムで、
情報を更新しているため大量のトラフィックを流し続けます。

特にfacebookやインスタグラム、youtube、 Googleドライブなどは、
利用データー量が多くなり、PCやスマートフォンに負担がかかりやすいため、
PCおよびスマホ自体の処理能力が低速化することもございます。

最後にMugen WiFiからのお願い      

昨今クラウドWi-Fi業者が低速化し、大変な状況を散見しております。

過剰な広告により、Mugen WiFiにおいても、
全体でのデーター低速化はみられませんが、
緊急事態宣言以降の回線トラフィックが増加したために、
ご利用に関してごく一部のお客様にご不便をされた方もおり、
本件についてはお詫び申し上げます。

全体を通してでの低速化が起こる理由は、
皆様のご利用トラフィックが起こってしまっていることが原因の一つとなっております。
ほとんどのお客様におきましては、一般利用レベルの範囲内の容量となりますが、
中には一部違法コンテンツのDLや、超大容量トラフィック利用のご利用をされた方もいらっしゃいます。

電波とはいえ、公共の水や電気と同じインフラとなり”有限のもの”となります。
弊社としても対策は最大限行わせていただいておりますが、
通常とは言えないトラフィックのご利用はなるべく控えるようにお願いいたします。

万が一ご不安な点があれば、
Mugen WiFi一同誠意をもってお答えさせていただきます。

>>こちらよりお問い合わせが可能となっております。

引き続きMugen WiFiを何卒よろしくお願いいたします。

Mugen WiFi販売責任者 大山 勝士